Monthly Archives: 3月 2016

//3月

音楽で、仕事も私生活も向上する?

2017-08-29T18:07:33+00:00

こんにちは。アシスタントのケネスです。   みなさん、音楽は好きですか?そうですか。でも、なかなか忙しくって、「音楽を聴く時間も取れないや」っていうそこのあなた。僕もそうです(笑)   「五感を意識したマーケティングをしろ」   と、以前教えてもらいました。市位さんは、動画マーケティングをするときに、音楽にもかなり気をつかっています。   音楽には、睡眠の質を上げたり、ストレスを軽減させたり、パフォーマンスを向上させたり、血流を増加させたりなど、いろんな効果があると言われていますね。   「音楽心理学」という学術分野もあり、結構科学的に音楽の効果が検証されているみたいです。   で、ちょっと調べてみたんですが、世界一リラックスできる曲なんていうものも発表されているみたいです。   マルコニ・ユニオン作曲の「無重力(weightless)」という曲が、2011年にマインドラボ研究機関によって「最もリラックスできる曲」に認定されたそうです。 認定にあたっては、次のような実験が行われたみたいです。 ・40人の女性を対象にし、時間無制限のパズルを解いてストレスレベルを上げさせる。 ・その後、ストレスを下げる為に「無重力」を含む「リラックスできる」とされているモーツァルトやエンヤ、コールドプレイなどの曲を聴かせる。   結果としては、「無重力」を聞いた人は他の曲に比べて「11%以上のリラックス効果」、「65%の緊張度低下」、「35%以上の心拍数低下」が見られたそうです。すごいっす。   また、音楽は生産性の向上にも活用できるみたいです。focus@willという会社はクリックするだけで高品質の作業用BGMを流すサービスを提供していて、最大で400%ほど集中力をアップさせてくれるみたいです。   2年間にわたり、200人の被験者を対象とした研究を実施したのにプラスして、7万2000人以上への調査を行ったそうですよ。   音楽の再生リストはUCLAの心理学チームによって選ばれているみたいで、通常20〜30分しか続かない集中力を100分以上維持する手助けになるそうです。   音楽には他にもいろんな効果が期待できるみたいなんで、これからもいろいろ調べてみます!!              

音楽で、仕事も私生活も向上する? 2017-08-29T18:07:33+00:00

成功者に学ぶQOL向上大作戦!人生の質を向上させるために必要な9つの要素!

2017-08-29T18:07:34+00:00

こんにちは。アシスタントのケネスです。   あなたはQOLという言葉をご存知でしょうか。今や結構たくさんの方が知っているのではないかと思います。   とりあえず、困ったときのウィキペディアを貼っておきます。 【クオリティオブライフ】 「ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質」のことを指すそうです。   市位さんもQOLの向上には気を使われているようです。   「稼ぐこと」や「仕事」だけに意識をフォーカスしてしまうと、結局仕事でいいパフォーマンスが出せずに、結果にも繋がらないそうです。   「QOLの向上あっての真の成功」   と教えていただきました。   で、肉体面や感情面のケアが非常に大事なので、僕も市位さんにQOLの概念を教えていただいてから、気を使うようになりました。   以前は、環境を整えることをせずに、根性根性ど根性で、がむしゃらに突き進んでいた時期もありましたが、意外と成果に繋がらないということもしばしば。   ちょっとしたグッズや工夫で仕事や生活のストレスを軽減することも社会人として大事なことですね。   ではでは、少しだけ、僕が日常生活で気を使っていることをシェアします!   PCはMacBook Pro そうです。僕のような仕事をしているとPCを多用します。ちょっとした操作性の違いで長い目で見たときの成果は大きく変わってきますね。MacBook Proはやっぱりええもんですよ。一度使ったらWindowsには戻れまへんな。 スマホはiPhone はい。操作性抜群デス。メールも同期して、いつでもどこでも仕事モードに入れます。写真もサクッと取れるし、音声だって録音できる。以前はサムスンのなんちゃらノートを使っていたのですが、使用感が全く違います。ストレスフリー。 タブレットはiPad はい。完全にアップルの信者と化しています。触っているとドーパミンが出ます。中毒性があります。ついつい、Kindleアプリで漫画なんぞを読んでしまいます。あれっ。これって生産性上がっているのかな?まあ、楽しいのでQOLは上がっていると思います(笑)   エビアン(水) 体のパフォーマンスを上げるのに水が大事って聞いたので、試してみたら、本当に体調が良くなるんですよね。不思議に。コストパフォーマンスもいいので、ぜひ。1日1リットルはエビアンを飲みます。 運動(自重トレ) 朝起きて、水飲んだら、筋トレします。心拍数が上がるので、目が覚めますし、頭の回転も一気に戻りますよ。お試しあれ!   疲れたら、深呼吸 仕事って、やっぱりストレスたまりますよね。好きな仕事でも、長時間になってくると、頭はボーッとしてくるし、同じ姿勢を続けていたらあちこちいたくなる。たまに、姿勢を変えて、ゆーっくり3分〜5分くらい深呼吸します。頭もすっきりするし、体の疲労感もましになります。 アーロンチェア 持ってません。ほしいです。デスクワークやるなら、いい椅子があったほうがいいなーと憧れている品です。誰かお古でもいいのでください(笑) シモンズのベッド えーっと。ほしいです。高いです。でも、睡眠ってパフォーマンスにめっちゃ響くんでいいベットで寝たいですよね。僕は寝たいです。買えるように頑張ります。 ユーチューブで音楽を聴く 急にリーズナブルになりました。今の時代、だいたいユーチューブでなんとかなりますよね。精神的に落ち込んだら、クイーンとか、ボンジョヴィとかのアップテンポな洋楽ロックを聴きます!   てな感じで、あなたのQOL向上に役に立つかわかりませんが、ケネスのQOL向上大作戦をシェアしてみました。 でも、市位さんの心がけていることを知りたいので、こんどブログアップしてもらえるように頼んでおきますね!  

成功者に学ぶQOL向上大作戦!人生の質を向上させるために必要な9つの要素! 2017-08-29T18:07:34+00:00

伊勢志摩サミットの開催地賢島。賢島宝生苑の温泉2。夕暮れに負けず朝日も最高だった!

2017-08-29T18:07:36+00:00

  昨夜の夕暮れ時に引き続き、賢島宝生苑の朝。 気温も寒すぎず、とても清々しい空気感の中、朝食前に風呂に直行した。 […]

伊勢志摩サミットの開催地賢島。賢島宝生苑の温泉2。夕暮れに負けず朝日も最高だった! 2017-08-29T18:07:36+00:00

最先端起業の考え方

2017-08-29T18:07:38+00:00

  こんにちは。アシスタントのケネスです。   スタートアップジャパンCEOの市位さんは、スタートアップジャパン以外にも、様々な活動をされていますし、様々な起業家の方と関わりを持ち、日々、忙しい生活をされています。   そんな市位さんから、いつも言われていることは、 「高度情報化によって起業のハードルは、限りなく下がっている。」 ということです。   以下、起業を考えている皆さんのために、僕がメモった起業に対する市位語録をシェアしますね。   「最大のリスク=行動しないこと」 起業は怖いことじゃないよということもよくおっしゃっています。リスクは避けるものじゃなくて、きちんとヘッジするものだと。自分が責任を取れるリスクの範囲をきちんと見定めた上で、行動すること。そして、最大のリスクはリスクを恐れるがあまりに行動しないことだ。     「まずは行動」 悩んだり、考えたり、相談したり…。色々と不安になることもあるかもしれないけど、結局はやってみないとわからないからやってみよ。ただし、初期費用は限りなく抑えるようにすべき。   「自分の時間を切り売りするな」 労働時間が比例するような仕事で起業するなら、サラリーマンやアルバイトと変わらない。ビジネスの仕組みを考え、構築し、そのビジネスサイクルが回れば収益が自動的に生み出される形を考えよ。   というようなことを教わった気がします。多分。(僕は優秀なアシスタントではないので、いつもうろ覚えです(笑))   で、最近の面白い起業の手法として、「クラウド型起業」というコンセプトがあるそうです。   その「クラウド型起業」なんですが、これまでの「起業」とは一線を画す特徴があるので、ちょっとだけ紹介しますね。   オフィスがいらない 衝撃です。ビジネスを立ち上げるとなると、普通は事務所をどこにしようか考えますよね。で、家賃を検索したり、事務所の利便性を考えたり…。だけど、最近はレンタルオフィスなるものもありますし、必ずしも自分のオフィスを持つ必要はないと。これもイニシャルコスト・ランニングコストを抑えるためには、重要かもしれません。   足りないスキル・知識は誰かに頼む 何かの能力に特化した人は世の中たくさんいますね。プログラミング、マーケティング、コピーライティング、プロジェクトマネジメント、ファイナンス、税務・会計、ロジスティックスetc。でも、一人で全ての能力を極めることは不可能です。なので、ネットでフリーランスの人を見つけてプロジェクトごとにコラボするなど、いろんなやり方がありますね。   コミュニケーションの効率化 会社だと、やたら長い会議が毎日行われます。で、意思決定にしっかりつながっているかといえばそうでもない…。非生産的な時間が日々生み出されているような気がしてなりません。クラウド型起業では、チームメンバーとのやりとりはチャットワークスやサイボウズなどグループウェア、スカイプなどを使って、極力「移動時間のムダ」を排除します。本当に重要な意思決定を行うときだけに直接顔合わせをするという感じですかね。 労働時間じゃなく、生み出す価値、成果にフォーカスすることがじゅうようなんですね。   スピードこそが最大の付加価値 市位さんは、元武雄市長の樋渡氏とも交流があるそうで、その樋渡氏は「スピードこそが最大の付加価値」というフレーズを使っていました。これはクラウド型起業にも共通する価値観だと思います。 ビジネスがオンライン化するにつれて、ビジネスサイクルのスピードが飛躍的に加速しています。旧来型の大企業は市場のニーズにスピードでついていけなくなっていく現象がこれからますます見られるようになっていくことでしょう。 クラウド型起業では、あらゆるやりとりを極力オンライン化することで、ビジネスのスピードを飛躍的に早めることができますね。   簡単にまとめると、ビジネスのオンライン化を活用し、リスクを下げ、効率化を図り、成果を生み出すというコンセプトだと僕は理解しています。   「私には関係ないなー。」なんて思っているあなた。 でも、よく考えたら、あなたの仕事やビジネスも「オンライン」を活用すれば、リスクを下げて、効率化でき、成果が生み出せるかもしれませんよ。   コンビニのPOSシステムや回転寿しのタッチパネルなんかも立派なオンライン化ですもんね。ビジネスは考え方、アイデア次第ですね。  

最先端起業の考え方 2017-08-29T18:07:38+00:00

伊勢志摩サミットの開催地賢島。賢島宝生苑の温泉は夕暮れ時が最高だった!

2017-08-29T18:07:40+00:00

  5月に予定されている伊勢志摩サミット。 舞台は賢島の伊勢志摩ホテル。 大阪から車で3時間半で三重県賢島に行くことが出来る。 今日は私の誕生日ということもあり、仕事はアシスタントのケネスにまかせて伊勢志摩へ。   今回おじゃましたのは賢島宝生苑。   わずか数時間車を走らせるだけで、日常を忘れ温泉を楽しめる。部屋からはかの有名な英虞湾が楽しめる。今回はリーズナブルなプランで2人で2万5千円。なかなかコスパが高い。     そしてお目当ての温泉である。今回の目的は、温泉にはいり瞑想に耽ること。そう、ひたすら温泉に入る。そうすると、日常では思いもよらなかったことが思いつく。   良い発想が湧いてくるのは、風呂に入っている時か、運動している時というのは自然の法則だ。これは、科学的に証明されており、リンパの循環が良くなるからである。なので私は風呂やジョギングをしている時にはメモが出来るようにしている。 ひらめきだけではなく、重要な決断が腑に落ちるのも、風呂に入っている時かジョギングをしている時だ。   というわけで本日は3回も風呂に入った(笑)その結果、新しい試みを3つ閃いた。 内容は破壊力がありすぎるので、まだ内緒。 旅行するといつも必ずプライスレスなリターンがある。ビジネスなど関係なく新しい世界を発見できるのでオススメの自己投資だ。   [amazonjs asin="479668994X" locale="JP" title="モノを捨てよ世界へ出よう"]

伊勢志摩サミットの開催地賢島。賢島宝生苑の温泉は夕暮れ時が最高だった! 2017-08-29T18:07:40+00:00

ストレスとサラリーマンと経営者

2017-08-29T18:07:42+00:00

こんにちは。アシスタントのケネスです。   あなたはストレスでお腹が痛くなった事はありますか? そうですか。 そうですよね。 私ももちろんあります!!   サラリーマンでも、起業家でも、フリーランサーでも、とりあえず、 社会生活を営んでいる人であれば、ストレスを感じない日はないと思います。 (ないよって人がいたら教えてください。)   ストレスって意識を向けたら、さらにストレスを呼び込む気がしてなりません今日この頃です。   例えば、ダイエットしようと思ったら、逆にストレスで食べ過ぎてしまったり、お酒を控えようと思ったら酒席についたらめっちゃ飲んでしまったり、締め切りを意識したら胃が痛くなって、頭が働かなくなって締め切りに間に合わなくなったり…。   あると思います。(ちょっと古いけど詩吟の人風に。)   このストレスの負のサイクルをどうしたらいいものか。これもある意味ではシステム思考で軽減できるんじゃないかと最近は思っているところです。   さて、ここで、今日も市位語録をシェアしちゃいますよ。   「対症療法では問題の根っこは解決しない。システムを考えろ。」   市位さん曰く、経営はシステムが一番重要だそうです。トラブルが起きて、その場その場で対応するのももちろん必要ですが、その問題を発生させた原因は業務サイクルのどこに起因しているのか。それをきちんと考えてシステムの改善を図るのが、長期的な問題解決につながるそうです。(概念が難しすぎて、私はヘーって感じでしたが、企業の管理職のみなさんなら、共感されるのかもしれません。)   で、ストレスの話に戻りますが。耐え難いストレスが日常的に発生しているというのは、先ほどの概念で言えば、「日常のシステムに不備が生じている」ということではないかと私は思うのです。   だから、日常生活をシステム思考で捉えてみれば、面白い問題解決法が思いつくのではないのでしょうか。   例えば、最近巡り合った考え方では、1日を「考える時間」、「行動する時間」、「リラックスする時間」の3つのパートに分割するというものがありました。この3つのサイクルをどう回していくのか考えたら、ストレスを日常生活の中で軽減できるんじゃないでしょうか。   課題や目標について思考を巡らし、思い悩む時間を「考える時間」として、枠を設けておけば、その枠内で思いっきり考えて、悩めばいい。   「行動する時間」にはその枠内で思いっきり行動したらいい。   「リラックスする時間」にはその枠内で思いっきり行動したらいい。   で、僕が試しているのは、1日を3つに分けるのじゃなく、曜日ごとに枠を設ける!   だって、雇われの身だったら、1日の時間をコントロールする事って難しいじゃないですか。   でも、だいたい休日っていうのは決まっている事が多いですし、スケジュールを見て、休日は事前にだいたいわかる仕事のほうが多いですもんね。   だから、月曜日水曜日は「考える曜日」。 火曜日と木曜日は「行動する曜日」。   金曜日と土曜日と日曜日は「リラックスする曜日」(おい、お前リラックスしすぎやろというツッコミは無しでお願いします。)   って感じで、あくまで例ですけど、そんな感じで、曜日ごとにテーマを持って、習慣に落とし込んでいけば、システムの中でストレスを軽減できるんですよね。   漫然と毎日を送るんじゃなくて、なんかテーマがあったら、不思議と充実するんですよね。で、その日その日の思いつきじゃなくて、曜日ごとにテーマを定めるというのも「システム化」なんですよね。   で、経営者の方や起業家の方は特にそうなんですけど、仕事を自分で決められるので、逆にその日何やろうかなって考えてしまう傾向が多いみたいなんですよね。習慣化したら、無駄に考えたり悩む時間をカットして、その分充実した時間の使い方ができるんですね。   「システム思考で習慣に落とし込め。成功を自動化させろ!!」     市位語録。勉強になりますね!!!   市位さん自らも、これを体現していて、定期的にアワイチ(淡路島一周サイクリング?)に行ったりなんらか自分の中で定期的なイベントをやっているみたいです。   全部は教えてもらえてないので、エネルギッシュに活動できる秘訣の全貌は未だ分かりませんが・・・。   経営者はそうやってストレスマネジメントしているんですね!!

ストレスとサラリーマンと経営者 2017-08-29T18:07:42+00:00

Boston Dynamicsの二足歩行ロボットが気持ち悪すぎると評判

2017-08-29T18:07:44+00:00

ITの発達により、人間の仕事が奪われるだけではなく、人間の能力を超えてしまうと言われている2045年問題。   Googleの関連会社、Boston Dynamicsの二足歩行ロボットを見て見て欲しい。 人間に倒されても自力で起き上がるなど、まさにターミネーターの世界がそこまで来ている。        

Boston Dynamicsの二足歩行ロボットが気持ち悪すぎると評判 2017-08-29T18:07:44+00:00

やる気を科学的に分析した結果・・・

2017-08-29T18:07:46+00:00

  こんにちは。アシスタントのケネスです。 今日のブログは「やる気」をテーマにお届けします。   やる気を持続させる方法   僕も、「やる気」がある時は一気に気合を入れて仕事を仕上げることができるのですが、時々全く「やる気」が出なくなり、陰々鬱々とした日々を過ごしてしまうこともしばしばあるのです。   で、どうやったら、やる気を引き出し、持続させられるのかなーと思って、いろんな本やネットでの情報などを検索したことがあるんです。 で、一番ビビビッときたのが今回紹介するTED動画です。   「ハイコンセプト」や「モチベーション3.0」の著書としても有名で、かつてのアル・ゴア副大統領のスピーチライターを務めたことでも有名なダニエル・ピンク氏のTEDトークです。 20分弱の動画で、わかりやすい内容ですし、字幕も付いているので、構えずに見てみてください。   起業するにも、独立するにも、脱サラするにも、何事もやる気が重要ですよね。 やる気について考える材料として、ぜひ、動画をご覧いただきたいと思います。     でも、「動画を見るのが面倒くさいし、そんな時間ないよ。」 という方に大サービス。   僕なりに、動画のポイントを箇条書きでまとめていきますね。   「カール・ドゥンガーのロウソクの問題について」 ・被験者にロウソクと画鋲とマッチを渡し、「テーブルに蝋がたれないようにロウソクを壁に取り付けてください。」と言う。(テーブルの上には、ロウソク、箱に入った画鋲、マッチがある状態)   ・多くの人は画鋲でロウソクを壁にとめようとする。でも、うまくいかない。次にロウソクを溶かして壁にくっつけることを思いつくが、うまくいかない。   ・5分か10分すると大抵の人は解決法を見つけられる。(画鋲が入った箱をロウソクの台として使うアイデア)   「サム・グラックスバーグのロウソクの問題を使った実験」 ・参加者を集めて、「この問題をどれくらい早く解けるか時計で計ります」と伝える。   ・1つのグループには、「一般的にどれくらい時間がかかるのか、平均時間を知りたい」と伝える。   ・もう一つのグループには報酬を提示する。(上位25パーセントの人には5ドル、1番になった人には20ドル)   ・報酬を提示されたグループは平均で3分半余計に時間がかかった。(インセンティブがあるのに効率が下がってしまった。)   「グラックスバーグの実験」 ・画鋲を箱から出しておいて状態にして同様のロウソクの実験を行う。(机の上には、空の箱、画鋲、ロウソクが置かれている状態)   ・先ほど同様に、時間を計ることを伝え、片方のグループにはインセンティブを提示する。   ・今回はインセンティブを与えられた方のグループが圧勝。   ・なぜか?問題がめっちゃ簡単だから。(箱が空だったらすぐにそこにロウソクを立てたら良いと誰もが思いつくから。)   …など他にもいろんな実験や実例を紹介した上で、ピンク氏は話のまとめに入ります。   ・20世紀的な報酬、ビジネスで当然のものだとみんなが思っている動機付けは、機能はするが驚くほど狭い範囲の状況にしか合わない。   ・if Then式の報酬(これをしたらこれが貰える)は、時にクリエイティビティを損なってしまう。   ・高いパフォーマンスの秘訣は報酬と罰ではなく、見えない内的な意欲にある。自分自身のためにやるという意欲、それが重要なことだからやるという意欲。   という感じです。ちょっとびっくりしますよね。インセンティブが時にはクリエイティビティを阻害してしまう…。   僕も市位さんによく言われるのが、 「やりたいことをやれ」 という言葉です。 ある意味、内発的な意欲を使って仕事に取り組めということを簡単に表した言葉だったんだと気付き、深く腹に落ちたのでした。   そして、僕は、困難な仕事、レベルの高い仕事、複雑な仕事に当たった時には、   「全ては経験、全ては学び」   だと考えることで、高いモチベーションを保てることが多くなりました。   あなたの本当にやりたいことはなんですか? あなたが本当に経験し、学びたいことはなんですか?   これをしっかりと考えることで、やる気を保ち、やる気を高める自分なりの方法が見つかるんじゃないでしょうか。

やる気を科学的に分析した結果・・・ 2017-08-29T18:07:46+00:00

本人が話していないことを映像上で話したように見せる技術!Face2Faceがすごい

2017-08-29T18:07:48+00:00

  こんにちは。 最近は本物と偽物の違いがわからなくなってきてますよね。 例えば、いつもあなたが見ている雑誌やポスターの写真。 これらの商用写真はほぼPhotoshopで修正が入っています。   Photoshopは大変素晴らしいソフトで、思いついた修正はどんなことでもできます。 ほくろを取るなんてのは序の口で、脚を長くする、胸を大きくする、肌ツヤを良くする、黒髪をブロンドにする・・・etcなどなんでも出来てしまいます。   しかし、映像ともなると、まだまだ技術が追いついておらずPhotoshopのような修正ができないと思っている人が大多数だと思います。   実は、映像大国のアメリカではかなり進んでいます。   Face2Faceと呼ばれるシステムをご存知でしょうか。 知っている人はかなりのマニアだと思います。 スタンフォードなどに在籍している研究者が開発している映像技術ですが、なんと、本人が話ていないことを映像上で話したかのように見せる技術を開発しておりかなりの精度まで成功しています。 F2Fの研究論文はこちらです。 下のYoutubeを見てみたらわかるのですが、例えば、ブッシュ大統領の映像をとります。   そして、別撮りで違う人が、違うことを言っている映像を撮ります。   そして両者の映像をFace2Faceに入れると、なんと映像はシンクロして、ブッシュ大統領が他人が話したことを話している映像が仕上がるのです。 口の動きや顔の表情までリアルに再現できています。     研究の初期段階ですがかなりの精度で再現されています。 映像ではドナルド・トランプ氏やオバマ大統領も出ています。   いつの時代も技術の進歩は素晴らしいですが、運用によっては非常に怖いものができあがりますね。

本人が話していないことを映像上で話したように見せる技術!Face2Faceがすごい 2017-08-29T18:07:48+00:00

脱サラしたい人必見。まずは、副業で稼げるかチャレンジしてみよう!

2017-08-29T18:07:49+00:00

    こんにちは。スタートアップジャパン、アシスタントのケネスです。 CEOの市位さんの元で、起業について学ぶ修行の日々を過ごしています。市位さんは起業に関する知識・スキル・経験が豊富で、本当に勉強させてもらうことが多いです。   コピーライティングの勉強をしているところなのですが、これから、スタートアップジャパンのブログもちょくちょく書かせてもらえるようになったので、宜しくお願いします。   さて、本日のブログですが、副業についてちょっと書いてみようと思います。脱サラ・起業・独立ってなんだかとっても、壮大なチャレンジのような気がして、意識のハードルがめちゃんこ高いですよね。   僕もいつかは、起業・独立を考えているんですが、まだまだ修行の身故、壮大なチャレンジに感じてしまっているのが現状です。でも、市位さんの元で勉強させていただいてから、少しずつ脱サラ・起業・独立に対する意識のハードルはものすごく下がりましたよ。   ここだけの秘密なんですが、市位さんから頂いたあるアドバイスが意識のハードルを下げるきっかけになったんです。今回は初のブログ投稿ということもあり、特別にそのアドバイスをシェアしますね!   「副業してみたら?」 このシンプルな一言が実は人生を変える大きな意識変革につながりました。副業をしてみて、自分の力でお金を稼ぐことができるというマインドができたら、 脱サラ・起業・独立へのハードルがグググっと下がります。   ではでは、どんな副業の手段があるのか、僕なりに調べたので、これも特別にみなさんにシェアします。(大サービスです。)   今の時代はネットで稼ぐ仕組みが整ってきましたね。あなたのスキルを使って副業が簡単に始められる時代になりました。「スキルなんて持ってないよー」という方でも稼ぐことができる、興味深いウェブサービスが出てきているんですね。   思い立ったが吉日です。このブログを読んでいるあなた、ぜひ行動を始めてみましょう!!それでは、ウェブサービスを幾つか紹介していきます。   まずは、一つ目。アプリのユーザーテストをやることでお金がもらえる【UIscope】どんなことをやるのかというと、例えば、 PCのWebサービスを利用しているシーンを録画して提出するスマホのアプリを利用しているシーンを録画して提出するスマホアプリ利用に関するアンケートに回答する etc   意外や意外、単価が高いものが多いので、アルバイト並みには稼げるかも!?   それでは、二つ目。これも面白いコンセプトですよ。 「わたしの30分、売り始めます。」【タイムチケット】 30分単位から時間チケットが売れるみたいです。 流れ的には、 ・ぴったりな人を見つけよう ↓ ・金額を決めて申込 ↓ ・時間をシェア&寄付   って感じみたいですね。 ネットを媒体にして、自分の時間を価値に変える。面白いコンセプトだと僕は思います。   他にもネットオークションや、写真・イラストをアップするなどいろんなウェブサービスで「稼げる」ような時代になっています。   起業・独立が怖いそこのあなた。ぜひ、副業でお金を稼ぐ成功体験を積んでみましょう。

脱サラしたい人必見。まずは、副業で稼げるかチャレンジしてみよう! 2017-08-29T18:07:49+00:00