起業

/起業

今日は撮影日

2017-08-29T18:05:06+00:00

今日はクライアントのWさんの 撮影日でした。 WさんのWebマーケティングのコンサルティングを行っているのですが、本日は素材を作成するために色々なシチュエーションで写真撮影と動画撮影を行いました。 写真1枚で反応率が変わるので、ネットで集客する上では写真がとても重要です。 特に専門職の方はトップページに写真を配置することはマストです。 今回、撮影に使ったカメラはCanon Eos 80Dです。 [amazonjs asin="B01BWJVVNM" locale="JP" title="Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80D"]   もし写真撮影や動画撮影、HP制作やマーケティングが必要であれば、お気軽にご連絡ください。    

今日は撮影日 2017-08-29T18:05:06+00:00

良い製品を作れば売れる?社長の仕事はマーケティング

2017-08-29T18:05:19+00:00

こんにちは。 CEOの市位です。     私は起業家や社長の仕事はマーケティングをすることだと 思っています。   よく、起業家が陥る失敗事例があります。 (私も20代のころは陥ってました)   それは、   良い製品を作れば売れる!   と思い込んでいます。     アメリカの有名詩人エマーソンが 「ある人がもし隣人よりも機能のよいネズミ捕りを発明すれば たとえそればどんな辺鄙なところでも、 世界中からそれを買うために人々が殺到するだろう」 という一節を読んでいます。   ネズミ捕りの誤謬というアメリカでは有名な話です。     現実にはこんなふうにうまくいくことはありません。     言葉はきついですが、 製品に惚れ込んで勘違いしないようにしてください。     良い製品があるだけでは、 マーケットでは売れません。   マーケティングなしには売ることはできません。   マーケティング イズ キング!です。     起業家にはマーケティングが必須の活動なのです。

良い製品を作れば売れる?社長の仕事はマーケティング 2017-08-29T18:05:19+00:00

ベンチャーとスタートアップの違い

2017-08-29T18:05:22+00:00

こんにちは。 CEOの市位です。     よく「ベンチャービジネス」と「スタートアップ」の違いを聞かれます。     「ベンチャービジネス」というのは、 実は和製英語でアメリカにはありません。     おそらく、ベンチャービジネスというのは 米国で言う「スタートアップ」をイメージして 使われていると思います。     日本語の「スタートアップ」の意味に含まれるものは、 「成長」、「リスク」、「小さい」、「イノベーション」などの イメージを伴うものを意味します。     しかし、英語でいう「Startup」は、 日本語の「ベンチャービジネス」以上に 「高リスク」、「速度」、「激しい変化」、「強い推進力」 というイメージです。   起業にはリーダーシップが要求されますが、 スタートアップには、アントレプレナーシップが要求されます。   ベンチャービジネスとスタートアップと並んで、 中小企業という言葉も並んで出てきます。     講座受講者の人に 中小企業のイメージを聞くと、 創業から廃業まで長く、 経営方針は保守的、 リスクは避ける、 成長性は緩やか、 というイメージのようです。     念のためですが、 お役所的な分類で言うと スタートアップもベンチャービジネスも 中小企業に該当することになります(笑)     以上、「ベンチャー」と「スタートアップ」の 概念の整理でした。

ベンチャーとスタートアップの違い 2017-08-29T18:05:22+00:00

以前勤めていた業界で起業をすべきか?

2017-08-29T18:05:23+00:00

スタンフォード大学フーバー研究所   ファウンダーがどれだけ、 業界を把握しているかによって スタートアップの成功確率を左右します。     私の起業塾やコンサルティングを受ける人の半数近くが 以前勤めていた業界とは違う業界でビジネスを始めています。     彼らの多くは、違う業界だからこそ 新鮮なアイデアが生まれると考えています。   確かにそれが事実になることもあります。     しかし、経験則の欠如という 決定的なデメリットがメリットを 大きく上回ってしまいます。     資金調達をする際にも、 就業経験がある業界であれば 簡単に調達できます。     業界を変えて起業をする際には ハードルがかなり高くなることを覚えておく必要があります。   私を含め、起業をするとファウンダーが 認識していなかったことが必ずおこります。   業界特性をしらなければなおさら起こり得ることを 覚悟しておかねばなりません。

以前勤めていた業界で起業をすべきか? 2017-08-29T18:05:23+00:00

将来起業したければ大きな会社で働くか、小さな会社で働くか

2017-08-29T18:05:25+00:00

  起業を将来的にしたい人は 大きな会社で働いたほうがよいか、 それとも 小さな会社で働いたほうが良いか??     迷うところです。     よくこの質問は、 就活をしている学生から受けます。     答えは明白でスタートアップ企業で働くと、 起業の方法についての暗黙知が蓄積されます。   結果として、自分がファウンダーとなっているケースが多いですね。     昨日、一緒に飲んだ年商40億円の大知社長もその1人。 Yahoo!子会社をIPOさせる経験を間近でみていた。     起業に関する経験が豊富な人ほど 潜在的なチャンスに気付く。     起業家精神に溢れた組織で働くと、 自然と起業に重要な要素や因果関係を 学ぶ機会が多くなる。     実際、今までの経験からして、 規模の小さい会社の従業員のほうが 規模の大きな会社の従業員より、 会社をやめて自分自身の会社のファウンダーに なっていることが多いです。     そしてVCから資金調達を受けている会社で働いていた人は、 受けていない会社で働いていたよりもさらにファウンダーに なる可能性が高い。       ガレージの段階のスタートアップからある程度成長し、 成長段階に突入している会社で メンターとしてスタートアップに 経験豊富な人を経営陣に入れている会社で働けば、 起業を考えている人にとっては、 とてもよい準備期間になるでしょう。

将来起業したければ大きな会社で働くか、小さな会社で働くか 2017-08-29T18:05:25+00:00

ビジネスパーソンが起業セミナーに増加。

2017-08-29T18:05:27+00:00

こんにちは。 CEOの市位です。   今年は思考を凝らして起業に関するプログラムをバージョンアップさせたいと 考えています。 もし起業や新規事業を考えられている人は下記メルマガに登録しておいて下さい。 優先的に案内が届きます。   昨年も多くの場所で「起業」や「マーケティング」、「シリコンバレー」に ついて話してきました。   そんな中、実際にセミナーで話したり スピーカーとして登壇してみると 驚くべきことに会場がビジネスパーソンで 埋め尽くされていることがあります。   会社命令で来ているというのではなく、 (内容が内容だけに 笑) 真剣そのものでセミナーやイベントに来られているのです。   名刺交換をするとかなりの一流企業です。   言い方を変えたら、 一流企業という既得権層であるにも関わらず リスクのある起業に興味があるというのは、 会社勤めの人生に満足していないということの現れであることがわかります。   ところが、実際の所、その後起業をする人が多いかというと まだまだ少ないのが現状なのです。   それは起業をして失敗するリスクと、 現状維持のリスクとの判断の結果でしょう。   確かに、起業に失敗することはリスクです。 しかし、失敗の仕方も色々とあります。 失敗の仕方に失敗しないことが大切なのです。  

ビジネスパーソンが起業セミナーに増加。 2017-08-29T18:05:27+00:00

【動画あり】新成人への餞のメッセージ「失敗を恐れずチャレンジしよう」

2017-08-29T18:05:35+00:00

こんにちは。 CEOの市位です。   昨日は2017年の成人の日のつどい(成人式が)ありました。   そこでは新成人の方々へ餞の言葉を贈る機会がありましたので、 私の交通事故で死にかけた体験談と 「失敗を恐れずチャレンジしていこう!」という メッセージを贈らせていただきました。   私は起業家を支援をする会社経営を行なっており、 それが長年のライフワークなのですが 同時にチャレンジできる環境を作るために市会議員も行なっています。   本来では、議員の情報は議員のHPに掲載しているるのですが、 起業を志す方や経営者にも伝えたい内容なので、 こちらのHPにも掲載いたします。       餞の言葉として話した内容は、 交通事故で死にかけた話、 死は概念的な遠い存在ではないこと、 人生は一度しか無いこと、 主体的な人生を送るためにどうすればよいか、 私が具体的にどうしたか などのお話をいたしました。   動画にて御覧ください。   人生、最期までチャレンジです。

【動画あり】新成人への餞のメッセージ「失敗を恐れずチャレンジしよう」 2017-08-29T18:05:35+00:00

起業して失敗しても挑戦できるラインを決めておこう!再起できる起業戦略

2017-08-29T18:05:37+00:00

シリコンバレーのFB本社   スタートアップ(起業)の聖地 シリコンバレーでは 失敗したということは 経験値を高めたということで 評価をしてもらえます。   [amazonjs asin="4798043044" locale="JP" title="シリコンバレー流起業・マーケティング"] しかし、日本では事業に失敗することは 非常に大きな傷を負います。   ですので日本で起業をするときには、 撤退ラインというのをしっかりと 考えておく必要があります。   縁起が悪こと話題にするんじゃねーよ!と 言われそうですが、リスクマネジメントの観点から 考えておくだけでもリスク軽減ができます。   起業して、仮に事業に失敗しても 深手を負わなければ再起はできます。   売上が減少して芳しくない状態であれば 事業売却を検討して他のビジネスで 再起を図ることができます。   しかし、債務超過に陥っていて首が回らない状態であれば 出資者、借入先、従業員などのステークホルダーに 大きな影響を与えるので再起のハードルがぐんっと上がります。。。   起業を志すようなアントレプレナーシップあふれる皆さんは、 今の日本にとってはとても重要な人材です。   シリコンバレーでは失敗も経験のうちと評価されますし、実際の所、 失敗から多くのものを学べます。   起業をしても再起をはかれるように、 撤退ラインをしっかりと決めておきましょう。   投資でもビジネスでも一番難しいのが「損切り」。   成功するまでビジネスで頑張っていきましょう!!      

起業して失敗しても挑戦できるラインを決めておこう!再起できる起業戦略 2017-08-29T18:05:37+00:00

どのレベルの起業を目指すか?

2017-08-29T18:05:39+00:00

起業というと様々な起業があります。 週末起業、1万円起業、プチ起業、ネット起業など 様々あります。 週末起業の著者・藤井さんとツーショット これらの起業は、スモールビジネスといって 手軽に起業することができます。 基本的に自己資金でビジネスをおこない、 自分=会社というイメージです。   スモールビジネスは、 IPOなどと比べるとゴール設定はそこまで厳格に する必要はありません。     ですのでスモールビジネスは非常に楽しいです。   しかし、 出資者をつのったり、 借入をしたり、 従業員を雇い入れるようなビジネスとなると 多くのステークホルダーが登場します。   こうしたビッグビジネスは、 IPOかM&Aかオーナー社長となるか ゴール設定をしなければなりません。   こうしたビッグビジネスは 資金調達の手段やコーポレート・ガバナンス、など 考えることが非常に多いです。   スモールビジネスもビッグビジネスも 日本経済を活性化させる大切な公器です。   スタートアップジャパンでは ビジネスモデルの策定や資金調達の支援など 起業・経営に必要なサポートをしています。   お気軽にご相談ください。 [amazonjs asin="B01EFLWUXO" locale="JP" title="【新装】週末起業 虎の巻 会社を辞めずにできる起業の練習帳"]

どのレベルの起業を目指すか? 2017-08-29T18:05:39+00:00

会社は公器っていうけどなぜ?

2017-08-29T18:05:41+00:00

よく会社は「公器」だ!といいます。 なぜでしょうか。 そういえば、学生時代に就職活動しているときに 役員面接で某銀行の頭取にこの質問をきかれました(笑)   起業をして会社を創ったら、 その会社は「公器」となります。   出資先、取引先、融資先、従業員、家族など 多くの人をまきこみます。   特に上場をするということになれば、 情報を開示する義務が発生します。   M&Aで事業譲渡したら 当たり前ですが会社は他人のものとなります。   そういった意味で会社は第三者との関わりを なしには存在し得ないのです。   会社は「公器」なので、 その点を意識した会社づくりをすべきです。   第三者から「あの会社は信用できる」と 言ってもらえる会社を作ることが肝要ですね。   SEE YOU!!

会社は公器っていうけどなぜ? 2017-08-29T18:05:41+00:00