トレーニング

/トレーニング

朝型の生活

2017-08-29T18:06:19+00:00

最近、朝型になってきました。 夜、11時に寝て5時頃に起きる生活。 事務所には7時にはでています。 おかげで午前中のうちにほとんどの仕事を終えることができます。     朝焼けの大阪の写真です。   美しいですね。    

朝型の生活 2017-08-29T18:06:19+00:00

淡路島100キロランと銭湯での疲労回復

2017-08-29T18:07:05+00:00

    淡路島で100キロ走ったら カラダは疲労困憊なのですが、 精神的にはとても満たされた気分になります。 なんというか、 しょうもないことを考える余裕がないので 非常に精神的に穏やかな感じになります。   ある意味この状態を味わうために しんどい自転車をこぐんだよね。     100キロランを終えて本州の明石に帰ります。 帰りもジェノバラインです。 だいたい行きと同じメンバーでフェリーにのります。 20分に1本出港しているのですが 同じということはほとんど同じペースやったんやね。 そして向かった先は、銭湯。     船着き場から自転車で10分程度の場所にあります。 この10分で銭湯があるというのがいいですね。   思いっきりカラダを動かした後の銭湯は最高ですね。 大きな湯船がとても贅沢でした。 家の風呂とは疲れの取れ方が違います。 ときには地元でも銭湯に行こうと思いました。 そして湯上がりは、レモン水です。 なかなかこういったものを見る機会がないですよね。   こうやって自転車にのって 銭湯にはいるのってめちゃくちゃ贅沢な時間の使い方だと思った次第です。

淡路島100キロランと銭湯での疲労回復 2017-08-29T18:07:05+00:00

休日はロードバイクで淡路島を走ろう

2017-08-29T18:07:06+00:00

久しぶりに淡路島100キロをロードバイクで 走りました。 やはり、ビジネスをするにしても体力勝負。 そして、ロードで長距離はしったら2週間は ゾーン状態に入り感覚が研ぎ澄まされます。 そして今回の自転車の旅はカメラを忘れたので全てiPhoneで撮影しました。 今回改めて思ったことは、 iPhoneは写真撮れますよね! コンデジはもう持ち歩かなくてもいいかもしれません。   淡路島にはジェノバラインという フェリーで渡ります。 今回の自転車のお供は京都から参戦の近藤くんです。 近藤くんは大学院からの友人、38歳で投資が大好きです。         明石から岩屋にいくフェリーの中はとてもきれいで快適です。 匂いも臭くないし(笑)   明石大橋の下をくぐるときはみんな写真をとってました。 私も何度も写真を撮影しているけど、今回も写真撮影(笑) こんな大きなものを作れることに人間の凄さを感じます。   そして今回も淡路の岩屋に到着。 ここから100キロ走ります。 岩屋から洲本に行く東側の道は、 交通量が多くて少し走りにくいです。 この道をもっと舗装したら、 ビワイチよりアワイチとなるのにな。 兵庫県選出の国会議員、県会議員、市会議員の先生、 淡路島は自転車ニーズがとても高く、 経済効果も高いと思います。 是非とも淡路島の道路整備を していただき回遊性の向上を していただくよう要望いたします。 そして西側は今回は風がめちゃくちゃ強かった。 自転車ごと持っていかれるかと思うくらい。 向かい風で全然すすまない…。 近藤くんなんて肉眼で見えないほど後ろの方に(笑) 今回は構わずズンズンと前にすすんでいきました。 明石大橋がみえてきました。 今回は本当に向かい風が強くてしんどかった。   しかし新しい発見がありました。 それは、サイクルコンピューターを全く使わず、 iPhoneにいれたアプリでスピードや距離を測ってみました。 そしたらなんと、 こっちのほうが使い勝手がよいじゃないですか。 今までなんだったの?ってくらいです。 僕が使っているアプリは mountain bike proというやつです。   そしてもう一つは、 カメラはiPhoneで充分だということ。 結局、iPhoneが1つあれば 殆どの用途を満たすことができます。      

休日はロードバイクで淡路島を走ろう 2017-08-29T18:07:06+00:00

伊勢志摩サミットの開催地賢島。賢島宝生苑の温泉は夕暮れ時が最高だった!

2017-08-29T18:07:40+00:00

  5月に予定されている伊勢志摩サミット。 舞台は賢島の伊勢志摩ホテル。 大阪から車で3時間半で三重県賢島に行くことが出来る。 今日は私の誕生日ということもあり、仕事はアシスタントのケネスにまかせて伊勢志摩へ。   今回おじゃましたのは賢島宝生苑。   わずか数時間車を走らせるだけで、日常を忘れ温泉を楽しめる。部屋からはかの有名な英虞湾が楽しめる。今回はリーズナブルなプランで2人で2万5千円。なかなかコスパが高い。     そしてお目当ての温泉である。今回の目的は、温泉にはいり瞑想に耽ること。そう、ひたすら温泉に入る。そうすると、日常では思いもよらなかったことが思いつく。   良い発想が湧いてくるのは、風呂に入っている時か、運動している時というのは自然の法則だ。これは、科学的に証明されており、リンパの循環が良くなるからである。なので私は風呂やジョギングをしている時にはメモが出来るようにしている。 ひらめきだけではなく、重要な決断が腑に落ちるのも、風呂に入っている時かジョギングをしている時だ。   というわけで本日は3回も風呂に入った(笑)その結果、新しい試みを3つ閃いた。 内容は破壊力がありすぎるので、まだ内緒。 旅行するといつも必ずプライスレスなリターンがある。ビジネスなど関係なく新しい世界を発見できるのでオススメの自己投資だ。   [amazonjs asin="479668994X" locale="JP" title="モノを捨てよ世界へ出よう"]

伊勢志摩サミットの開催地賢島。賢島宝生苑の温泉は夕暮れ時が最高だった! 2017-08-29T18:07:40+00:00

ストレスとサラリーマンと経営者

2017-08-29T18:07:42+00:00

こんにちは。アシスタントのケネスです。   あなたはストレスでお腹が痛くなった事はありますか? そうですか。 そうですよね。 私ももちろんあります!!   サラリーマンでも、起業家でも、フリーランサーでも、とりあえず、 社会生活を営んでいる人であれば、ストレスを感じない日はないと思います。 (ないよって人がいたら教えてください。)   ストレスって意識を向けたら、さらにストレスを呼び込む気がしてなりません今日この頃です。   例えば、ダイエットしようと思ったら、逆にストレスで食べ過ぎてしまったり、お酒を控えようと思ったら酒席についたらめっちゃ飲んでしまったり、締め切りを意識したら胃が痛くなって、頭が働かなくなって締め切りに間に合わなくなったり…。   あると思います。(ちょっと古いけど詩吟の人風に。)   このストレスの負のサイクルをどうしたらいいものか。これもある意味ではシステム思考で軽減できるんじゃないかと最近は思っているところです。   さて、ここで、今日も市位語録をシェアしちゃいますよ。   「対症療法では問題の根っこは解決しない。システムを考えろ。」   市位さん曰く、経営はシステムが一番重要だそうです。トラブルが起きて、その場その場で対応するのももちろん必要ですが、その問題を発生させた原因は業務サイクルのどこに起因しているのか。それをきちんと考えてシステムの改善を図るのが、長期的な問題解決につながるそうです。(概念が難しすぎて、私はヘーって感じでしたが、企業の管理職のみなさんなら、共感されるのかもしれません。)   で、ストレスの話に戻りますが。耐え難いストレスが日常的に発生しているというのは、先ほどの概念で言えば、「日常のシステムに不備が生じている」ということではないかと私は思うのです。   だから、日常生活をシステム思考で捉えてみれば、面白い問題解決法が思いつくのではないのでしょうか。   例えば、最近巡り合った考え方では、1日を「考える時間」、「行動する時間」、「リラックスする時間」の3つのパートに分割するというものがありました。この3つのサイクルをどう回していくのか考えたら、ストレスを日常生活の中で軽減できるんじゃないでしょうか。   課題や目標について思考を巡らし、思い悩む時間を「考える時間」として、枠を設けておけば、その枠内で思いっきり考えて、悩めばいい。   「行動する時間」にはその枠内で思いっきり行動したらいい。   「リラックスする時間」にはその枠内で思いっきり行動したらいい。   で、僕が試しているのは、1日を3つに分けるのじゃなく、曜日ごとに枠を設ける!   だって、雇われの身だったら、1日の時間をコントロールする事って難しいじゃないですか。   でも、だいたい休日っていうのは決まっている事が多いですし、スケジュールを見て、休日は事前にだいたいわかる仕事のほうが多いですもんね。   だから、月曜日水曜日は「考える曜日」。 火曜日と木曜日は「行動する曜日」。   金曜日と土曜日と日曜日は「リラックスする曜日」(おい、お前リラックスしすぎやろというツッコミは無しでお願いします。)   って感じで、あくまで例ですけど、そんな感じで、曜日ごとにテーマを持って、習慣に落とし込んでいけば、システムの中でストレスを軽減できるんですよね。   漫然と毎日を送るんじゃなくて、なんかテーマがあったら、不思議と充実するんですよね。で、その日その日の思いつきじゃなくて、曜日ごとにテーマを定めるというのも「システム化」なんですよね。   で、経営者の方や起業家の方は特にそうなんですけど、仕事を自分で決められるので、逆にその日何やろうかなって考えてしまう傾向が多いみたいなんですよね。習慣化したら、無駄に考えたり悩む時間をカットして、その分充実した時間の使い方ができるんですね。   「システム思考で習慣に落とし込め。成功を自動化させろ!!」     市位語録。勉強になりますね!!!   市位さん自らも、これを体現していて、定期的にアワイチ(淡路島一周サイクリング?)に行ったりなんらか自分の中で定期的なイベントをやっているみたいです。   全部は教えてもらえてないので、エネルギッシュに活動できる秘訣の全貌は未だ分かりませんが・・・。   経営者はそうやってストレスマネジメントしているんですね!!

ストレスとサラリーマンと経営者 2017-08-29T18:07:42+00:00

淡路島一周、通称アワイチ(2)。大阪方面から明石そして淡路島への行き方

2017-08-29T18:08:38+00:00

シルバーウィークでオフが取れたので 200万アクセスのYou Tuberの馬場氏と 淡路島に行ってきました。 淡路島をロードバイクなどの自転車で走るには、 まず通常はJRの明石駅まで輪行します。     そして、輪行を組み立てて、明石ー岩屋の渡し船の ジェノバライン(船)に向かいます。   角にある玉子焼のお店は、明石焼きで有名なお店で 朝から行列ができていました。     ジェノバラインで淡路島岩屋港へ向かう 明石と淡路島の渡し船のジェノバラインに乗り込みます。 桟橋へのゲートには既に多くの自転車が並んでいました。   最近は女性のロードレーサーも多くなってきましたね。 女性の人を見ていると、9割9分彼氏さんに誘われて ロードバイクに乗り始めたという感じですかね。   ロードバイクでの共有体験は二人の結びつきをつよくします。 一緒に汗をかいて感動する景色をみて しんどい峠や達成感をシェアできるので 絆が深まることは間違い無しです。   さて、ジェノバラインの値段は 大人500円、自転車220円=720円 往復で1440円です。     そして並んでフェリーが来るのを待ちます。 フェリーは30分に1本くらいのペースでやってきます。   この時期は気候がいいので自転車がめちゃくちゃおおい。 一回で乗ることが出来ませんでした。   明石港でジェノバラインを待つ自転車   フェリーに乗っている時間はおおよそ15分位で岩屋に到着です。     さて、ここから自転車を漕いでいけるわけです。   岩屋から洲本まで気持ちよく走る   岩屋から洲本までの気持ちの良い海岸線を走ります。 ひたすら左手に海が見えます。   こうやってびゅーっと自転車を漕いでいると、 面白いビジネスアイディアが湧いてきます。   動いている時にメモすることができないので、 私はボイスレコーダーに吹き込んであとで それを手帳などに転記します。   一緒に走っている馬場氏はYouTubeに上げるようの 動画をGoproで撮影してました。   巨大な仏像が見えてきました。   ここで一息休憩です。     彼は相変わらず面白い格好でやって来ました。   サンダルなんですよね。 100キロ超えで走ろうと言っているのに。 そしてオレンジのズボン。 「淡路島をBD-1で走る」でも書いたように早いですし。   ひたすら、気持ちの良い海岸線を走ります。     この気持の良さは、江ノ島の国道134号線なみでした。 こうして洲本を目指します。     11時をまわったところでお腹がすいたので、 馬力軒というラーメン屋にinしました。     ここのラーメン屋さんは豚骨醤油味でした。     炭水化物を摂取してすぐにエネルギーに変えます。 燃料を入れたのでこれで残り70キロ動くことが出来ます。   出発して程なくして洲本市です。   まとめ−大阪方面から淡路島に行く場合− 大阪から淡路島に行くのは輪行をすれば比較的簡単ですが、 時間が少しかかります。 今回のツーリングは8時に大阪駅に集合。 9時前に明石到着。 フェリーに乗って岩屋についてのが10時でした。 大阪駅から淡路島まで2時間を見ていたほうが良いです。 岩屋から洲本まで海岸線でとても気持ちのいいルートでした。 [...]

淡路島一周、通称アワイチ(2)。大阪方面から明石そして淡路島への行き方 2017-08-29T18:08:38+00:00

淡路島一周、通称アワイチ(1)。100キロコースで淡路島をロードバイクで堪能。BD-1がロードバイクをぐんぐん抜かす

2017-08-29T18:08:39+00:00

久しぶりに淡路島にロードバイクで行くことに。というのもYou Tuberの馬場哲平さんがBD-1(折りたたみができるすぐれもの)を購入したというので、一緒にツーリングすることになりました。   BD-1というのは、折りたたみがとても楽で、電車で輪行するのが苦じゃなくなる自転車です。  じつは僕も赤いBD-1 Speedを持っていたのですが、大阪市中央区平野町にある私の事務所においていたらパクられてしまいました。事務所のポールにしっかりと地球ロックしていたのに。。。っと、苦い経験があるので、彼のBD-1を見るたびに悔しくなって気持にムラがでてペダルを漕ぐスピードも気持と同調してムラがありました。 そして、またBD-1が早いことなんのって。  ロードバイクをぐんぐんBD-1が抜いてい行く。      後ろから見ていたら「こち亀の両さん」みたい。 タイヤは小さいし変なズボンはいているし、ビンディングペダルをつけていないにの早い。 小さいので輪行も楽だし、BD-1は本当にオススメの自転車です。 ロードバイクと一緒にツーリングしても全く謙遜がなかったです。 

淡路島一周、通称アワイチ(1)。100キロコースで淡路島をロードバイクで堪能。BD-1がロードバイクをぐんぐん抜かす 2017-08-29T18:08:39+00:00

大阪から嵐山までロードバイクでトレーニング

2017-08-29T18:08:46+00:00

昨日は午前中に1件、集客についてのコンサルを終わらせて、外の空気が美味しかったのでポタリングをすることにした。大阪の十三大橋から嵐山までの往復コース。淀川沿いのサイクリングロードを走ります。十三から嵐山まで、55キロなので往復で110キロ程度。100キロを越すと、達成感がやはり違います。コースとしては嵐山に向かうほうがなだらかな上りだけど、ほぼ平坦な道が続きます。関西医大のトイレと自販機がサイクリスト憩いの場となっています。   樟葉、八幡市を越して、淀川から桂川沿いを走ります。桂川に入ると京都らしい風景が広がり、京都に来たという実感が湧いてきます。十三大橋から55キロ地点で丁度、渡月橋です。 渡月橋  ロードバイクをこいでいる間に、自分と向き合って、いろんなことを考える。 走っているうちに、色んなアイデアが湧いてくる。自分のダメだったことが頭をちらつく。そして修正点や新しくチャレンジすることが頭のなかでまとまってくる。 小旅行とトレーニングを兼ね備えているのがロードバイク。時間にして6時間半。 こうやって充実感を得ることができるロードバイクは素晴らしい。身体に投資することが一番のハイリターン。ロードバイクが好きな人、一緒に走りましょう。 

大阪から嵐山までロードバイクでトレーニング 2017-08-29T18:08:46+00:00

習慣を変えることで人生が好転する

2017-08-29T18:08:58+00:00

頭痛で頭が動きません。   といっても昔のことです。   起業したての時のお話です。   運動をせず朝から晩まで座って仕事をして、毎日、毎日、パソコンに向かって仕事をしていました。   まるでロボットのような生活をしていました。   パソコンに向かって仕事をすることで焦燥感をまぎらわしたり、パソコンに向かうことで集客できるだろうとおもっていました。   その結果、身体をこわして集客も全然出来ず、ストレスだけが溜まっていきました。 熱が40度でていても仕事をしていました。起業したてというのは、それくらいしないとだめだと思っていました。 結果、病院に入院することになりました。 入院をするまで疲労やストレスが溜まったのです。病院では点滴に繋がれて、美味しくもない病院食を無理やり食べさせられます。行きたいところにもいけず、食べたいものも食べれず、自分の世界観は病室しか存在しません。 医者の許可がなければ、ジュースすら飲めない状態になりました。 そのとき、行き着くところまで行き着いたな、と思いました。   こうなった原因は、わかっています。 朝起きてから夜寝るまで、仕事のことしか考えず、仕事をずーっとしていたのです。 でもこれは自分の責任です。   習慣を変えることにした これじゃあいかん、と思い習慣をかえることにしました。 人間は習慣をかえることはとても大変です。 しかし、朝起きてから寝るまでの習慣や考え方を変えない限り、いつまでもラットレースのような生活と再入院は免れません。 そこで、肉体・感情・精神をしっかりとコントロールできるように、新しいプログラムを自分自身にインストールしたのです。 どのように変えたかというと、まずは健康的な習慣を取り入れました。 朝はジョギングをする、筋トレをする、ローフードに変える。 成長ホルモンがでている夜の10時から2時は寝る。 風呂あがりのビールはやめる。 意味のない会合にはストレスが溜まるから行かない。 夜はパソコンの電源をつけない。 こうしたコトを意識して生活をかえる決心をしたのです。 どのように変えたかというと、 朝6時には起きて、まず水を500ml飲む。そして、歯磨きをして、ジョギングの服に着替える。6時半にはジョギングに出かける。7時15分に帰ってきてシャワーを浴びる。7時半から、オーガニックな野菜や果物をたくさん使ったジュースをつくり、飲む。 こうした習慣を持つことにしたのです。   朝のゴールデン・ルール 朝の習慣を変えることで、1日の充実感が全くかわりました。 今まで朝起きたら、頭のなかの血液がよどんでいる感じだったのが、とてもクリアで脳血流が改善されているのを実感しました。 朝のジョギングと野菜ジュースで、肉体面・感情面・精神面がとても安定し、進化したのです。 朝の習慣をかえるだけで、大きく人生が変わります。 少なくとも私は実感をしています。 もし、人生に行き詰まりを感じていたり、もっと進化していきたいと思っているなら、まずは朝の習慣を変えることをおすすめします。   見える世界が全く違ってきます。 この少しの習慣の変化が、少しづつ大きな進化につながってくるのです。 人生は意志の力で簡単に変えることが出来ます。     8月のジョギングの結果 8月は雨が多かったです。31日で17回はしっているので、2日に1回は早起きしてジョギングしています。 距離は関係ないです。 とにかく朝起きて、ゆっくりと深呼吸して、ジョギングをする。 早朝のジョギング この習慣が莫大なリターンを返してくれます。   ぜひ、あなたも朝の習慣をかえてみましょう。

習慣を変えることで人生が好転する 2017-08-29T18:08:58+00:00

朝のゴールデンタイムの過ごし方

2017-08-29T18:09:04+00:00

午前中をどのように過ごすかで1日のクオリティが全く違います。 ぼくはこの夏は、朝6時に起きてジョギングをしています。 何故ジョギングをしているかというと、朝の行動をかえるだけで1日の充実感が全く違うからです。 どのような時間を過ごしているかというと、6時に起床、6時5分にレモン水500mlを飲む、6時10分に歯磨き、6時20分からジョギングの用意、6時30分からジョギング、7時10分に帰宅、7時15分からシャワー、7時25分から整髪、7時35分からスムージー作成、7時40分からスムージーを飲む、7時50分片付ける、8時に事務所へ出発という朝の2時間を過ごしています。 この2時間が寝るまでの17時間を充実させます。   ぜひ、皆さんも充実した活動をするために、起きてから動いてみることをオススメします。  

朝のゴールデンタイムの過ごし方 2017-08-29T18:09:04+00:00