クライアントに不利益を起こす時には細心の注意を

投稿日:

先日、契約をしているトレーナーから不意に
不利益なコトを告げられました。

と言うのもトレーニングする予定の日時が
私の認識と違う日だったようで、
認識の相違がですがすっぽかしてしまったらしく、
無条件にチャージされました。

トレーニング16回で合計19万円なので
1回12000円程度します。

それを一方的に告げてきたのです。

私はこのトレーナーにお客さんを2人も紹介したので、
とても優良顧客だったにもかかわらず
不利益なことをされ、
非常にショックを受けました。

一方に不利益が起こる事はあらかじめ
説明をしておかないと、
相手の気分を害するし、
争いのもとになるので
気をつけなければいけません。

ですので不動産業や銀行などは
重要事項説明をしっかりと行っています。

ビジネスをする際にはクライアントに
不利益になる事は、
これでもかってほど先に説明しておくことをおすすめします。

それで私はどうしたかと言うと、
争うのも面倒くさいので、
契約を継続するのをやめ、
この人との関係を切りました。

こういった事はビジネスの前に
人としての礼儀なので、
気をつけることをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスタートアップジャパンをフォローしよう!

-マインド・成長, ブログ

Copyright© スタートアップジャパン オフィシャルサイト- Startup Japan Official Site- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.