ドイツに移住する8つのメリット

投稿日:2015年9月9日 更新日:

最近、ドイツに移住する移民のニュースが取りざたされています。

ドイツに移住したいと思っている起業家たちも多いと思います。
起業して海外とのデュアルライフを目標にしている人のために
ドイツに住む8つのメリットをお伝えします。

 

[fusion_builder_container hundred_percent="yes" overflow="visible"][fusion_builder_row][fusion_builder_column type="1_1" background_position="left top" background_color="" border_size="" border_color="" border_style="solid" spacing="yes" background_image="" background_repeat="no-repeat" padding="" margin_top="0px" margin_bottom="0px" class="" id="" animation_type="" animation_speed="0.3" animation_direction="left" hide_on_mobile="no" center_content="no" min_height="none"]

ミューヘン駅

ミューヘン駅

 

1.在留資格(永住ビザ)の取得がカンタン

DSC08933

なんといっても海外に住むにはビザが必要です

ビザって何?ってひともいるかと思います。

海外旅行でビザを取らずにパスポートだけで出国しますよね。

 

あれは、日本国がビザを取らなくてもいいですよ、
という取り決めを外国とおこなっているから
ビザを取得する必要がないのです。

 

これをビザ免除プログラムといいます。

 

しかし、大きな問題点があって、
90日しか滞在することが出来ません。

 

ですので、90日以上滞在が必要な場合には、
ビザを取得する必要があります。

そして、このビザの中でも最強のものが
「永住権」というやつです。

 

永住権は基本的に期限や職務制限がありません。

この永住権は、外国人が日本の永住権を取得する場合には
10年間日本にいる必要があります。

 

対して、ドイツの場合には5年間と日本の半分でオーケーです。

 

そして、ドイツで永住権を取得するということは、
シェゲン協定内のヨーロッパ(ほぼEU)で
永住権をてにいれることと等しい。!!

 

これは非常に大きいです。

2.ヨーロッパ各国にいつでも旅行ができる

ヨーロッパに住んでいれば、
週末に海外旅行ができます。

ミュンヘンから2,3時間で
オーストリアやスイスにいくことができます。

 

 

高速鉄道も非常に快適です。

 ユーレイルパス

LCCも日本と違って発達しています。

 

週末だけカプリ島やベネチアにいって
かえってくるということも可能です。

 

3.英語もドイツ語も話せるようになる

ドイツはドイツ語と英語と
どちらでも通じます。

IMG_6316

 

ドイツで普通に生活をおくっていると
気がついたら3ヶ国語喋れるように
なる可能性が大きいです。

 

普通に生活していれば日常会話はできるようになります。

 

4.ビールが美味しい

なんといっても、 ビールの本場。

ドイツ・ミューヘン

ビールが美味しく安いです。

ビールの種類も豊富で
毎日楽しむことが出来ます。

 

5.家賃が安い

海外って家賃が高そうですが、
ドイツは安いです。

 

ニューヨークに住もうと思ったら、
1Rでも最低でも20万円位は必要です。

 

今でしたら円安の影響で25万円位
必要です。

 

その点、ドイツは10万円くらいなので現実的です。

 

 

6.空気が旨い

基本的に山地なので 空気が美味しいです。

アルプス

 

澄み切った空気が頭のてっぺんから足先まで
酸素がいきわたります。

 

日本のようにスギ花粉とかに
悩まされることもありません。

 

7.温泉のメッカ

日本と同様に、温泉のメッカです。

ドイツで温泉は、バーデンといいますが、
各地に温泉地があります。

バーデン・バーデンという温泉の観光名所では、
とても立派な温泉施設があります。

 

ちなみに混浴です。

 

8.街並みが綺麗

なんといっても 街並みが綺麗です。

ミューヘン

中には古城も沢山あります。

ロマンチック街道は、古城ロードですからね。

[/fusion_builder_column][fusion_builder_column type="1_1" background_position="left top" background_color="" border_size="" border_color="" border_style="solid" spacing="yes" background_image="" background_repeat="no-repeat" padding="" margin_top="0px" margin_bottom="0px" class="" id="" animation_type="" animation_speed="0.3" animation_direction="left" hide_on_mobile="no" center_content="no" min_height="none"]

ノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城

日本のように無作為にビルや家が並んでいるのではなく、
調和がとれています。

まるでおとぎ話の街並みです。

 

まとめ

以上が、 ドイツ移住に関するメリット8つです。

羽田や関空からフランクフルトやミューヘンまで、
おおよそ10時間。

DSC00410

 

航空券も安い時期なら 往復10万円を切ります。

 

移住を考えている人は、 早めに行動することをオススメします。

ビザの要件も どんどん厳しくなる方向だと思います。

迷っている人がいれば、飛び込んでみるのも一つかもしれません。

 

フリーランサーの場合、
ドイツにいながらビジネスをすることは
全然可能です。

特にコンサルタント型ビジネスやプロモーションライターのような仕事であれば、
世界のどこにいても価値を提供することが出来ます。

 

 

この記事が役に立った場合にはクリックしていただけましたら嬉しく思います↓。

→起業・独立 ブログランキングへ

[/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスタートアップジャパンをフォローしよう!

-ブログ
-

Copyright© スタートアップジャパン オフィシャルサイト- Startup Japan Official Site- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.