マルチタスクをやめればパフォーマンスは向上する

投稿日:2015年8月22日 更新日:

僕は昔、マルチタスクばかりしていました。
記事を書きながらメールをチェックして、コーヒー飲んで、音楽をかけて、違うことを考えて…

こんな状態で集中しているとはいえないですよね。

マルチタスクは本人は幅広くいろんなことができているつもりになるけど、パフォーマンスはかなり落ちています。

それぞれを集中できるように環境をつくると、意識と行動がクリアになり、無駄な時間を過ごすことがなくなります。

コーヒー飲むなら、ゆっくり味わって飲む。
メールを読むなら、気がついた時に読むのではなく、メールを読む時間を作って読む。

できることなら、電話も時間を区切って、電話をする時間を決める。
こうしてマルチタスクをなくして、1つの物事に集中することでパフォーマンスは向上します。

そして、集中する際にタイマーを使うと効果的です。

1つの物事に50分間集中する。そして10分休む。

こうした時間割を作ることによって劇的に成果が変わります。

騙されてたと思ってやってみることをオススメします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスタートアップジャパンをフォローしよう!

-マインド・成長, ブログ

Copyright© スタートアップジャパン オフィシャルサイト- Startup Japan Official Site- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.