/, マインド・成長, ブログ/寝ないで働くのは自己満足?

寝ないで働くのは自己満足?

By | 2017-08-29T18:09:10+00:00 8月 19th, 2015|Categories: トレーニング, マインド・成長, ブログ|

先日、「一日を長くする方法」で
書きました睡眠時間。

NAT88_mana-housenobed-thumb-autox1000-15497

ベンチャー企業の経営者は
睡眠時間を3時間位に削って仕事をするひとが
少なくありません。

ぼくはよく「お忙しいだろうから睡眠時間少ないでしょ?」とか
いわれますけど、睡眠時間は5時間以上とるように心がけています。

日本には「睡眠時間を削って働いているのはスゴイ!」
「寝ないで頑張っているのはえらい!」
みたいな価値観があります。

この価値観はナンセンスですね。

受験勉強で完全徹夜でテストに挑んで撃沈したことは
誰でもあると思います。

人間は寝ないと頭が働かないようになっています。

「俺は寝ないで仕事をしているからスゴイんだ!」みたいな感覚があるとしたら、完全に自己満足の世界です。

単純労働でも睡眠時間が少ないとミスをするのに
クリエイティブな仕事なんて特に発想がわいてきません。

集中力が湧いてもきませんし、精神もネガティブモードに入ります。

睡眠不足で仕事の密度が濃くなることはまずないですよ。

医学的にも睡眠中に思考が整理されることが検証されていますし、
22時から2時の間に成長ホルモンが分泌されます。

昔の軍隊やスポ根マンガではないので、
休むときは休む。

しっかりと睡眠をとることが
ビジネスで成功するためには必須条件だと思います。

睡眠不足で夜中まで働いているひとは、
価値観を変えて思い切って眠ることをオススメします。