ミッション・インポッシブルでプロダクトローンチをかけるポイント!

//ミッション・インポッシブルでプロダクトローンチをかけるポイント!

ミッション・インポッシブルでプロダクトローンチをかけるポイント!

ミッション・インポッシブル/ローグネイションはもう見ましたか?
この映画はストーリーももちろんのこと、トム・クルーズのアクションスタントが超絶すごいので見る価値あります。

mi5_01

地上1524mの高さを時速400キロ以上で飛ぶ軍用飛行機のドアに張り付くアクションシーン!
A400の翼から走って機体へ飛びうつって、上空へ離陸するというまさにインポッシブル。

ミッション・インポッシブル/ロングネーションは公開日初日のアメリカだけで2030万ドルを稼ぎだしています!!
この映画業界が使っているマーケティング手法に「プロダクトローンチ」という方法があります。

 

プロダクトローンチ

_DSC3123 (1)

プロダクトローンチというと聞きなれない言葉かもしれません。
秒速で億を稼いでいた与沢氏が有名にしたキーワードです。

プロダクトローンチというのは、メールや動画を使って人間の深層心理に訴えかけ、発売同時に売りまくるというものです。

ポイントとして、心理に働きかけるようにメールや動画をデザインします。

 

コミュニケーションをとる

人間は接触回数が多ければ多いほどその人に親近感を持つという性質をもっています。心理学上ではザイオンス効果といいます。

何度も接触を持つように、メールマガジンなどでもステップメールで回数を多くします。

また、一方的な情報発信よりも双方向の方がいいに決まっているので、質問を受け付けたりアンケートなどを投げます。

ストーリーテリング

マーケティングにもストーリーの力を借ります。
人間というのは物語性に魅了されやすい動物です。
見込み客の潜在意識に入り込むのに物語を語って、色んな情報を埋め込みます。

希少性

いつでも手に入るものは価値が低く、手に入らないものは価値が高いと感じます。このチャンスを逃すと手に入らないかもしれない、良いものだから数に限りがある、と思わせ消費行動を促します。
希少性はとても強力な手法で、冷静な判断能力を一気に奪うことができます。

ビジネスでは、希少価値があるということは値段が高いことをいみするので、希少性を高めていくことを目指していきます。

他にも限定生やハロー効果、返報性の法則など様々なテクニックをメールや動画に組み込んでいきます。

こうした心理テクニックは名著『影響力の武器』に詳しく書かれています。

 

 

プロダクトローンチの構造

IMG_8416

プロダクトローンチは、一般的に4つのステップで行います。

 

STEP1 リストを収集する

LPなどでメールアドレスを集めます。ジョイントベンチャーをすると、リストがなくてもすぐにプロダクトローンチをかけることが出来ます。

STEP2 コミュニケーションをとる

見込み客に対して「新しいサービスが販売される」ということに関心を向けてもらいます。ココでいかに興味を引くことができるかで、

その後の成約率が大きく変わります。当初は信頼関係の構築に努めます。焦りは禁物です。

STEP3 教育する

信頼関係が出来上がったところで、教育をしていきます。
教育をすることによって、商品の購買意欲がどんどん高まります。
教育するためには、何回もその商品の良さをPRします。
1日でクローズする場合には、絶対に売り込みを最後にうりこみをしないとだめですけど、数日掛けて教育すれば売り込み感を消すことができます。

数日間、関心をつなげていくポイントはテレビドラマの次回予告が非常に参考になります。

STEP4 商品・サービスの販売開始

見込み客に対して販売してもらう目的のメールを送ります。まずは販売を開始した旨のメールを送ります。この時に販売期間を明確に設けます。一般的には一週間程度を定めます。

また販売期間中は毎日メールを送って、どんなに反響があるのかを伝えます。

この反響が社会的証明となって、他人が買うのだから良いサービスだろうという推定が働きます。
ミッション・インポッシブルの興行収入やランキングもその類です。

そしていよいよ最終日には「最終日」である旨のメールをおくります。まさにこの商品を手に入れ雨rことができる最後のチャンスであるかのようにメールをおくります。

多くの人は意思決定を先延ばしにする傾向があるので、締め切り直前にもう一度ダメ押しのメールをおくります。そうすることで、意思決定に迷いが生じている人の背中を押すことが出来ます。

こうした一連の流れを作りこむことによって、最終日には申込のメールが殺到することになります。

 

プロダクトローンチは色んな業界で使われている

ap

プロダクトローンチは、ネットビジネス、映画、Apple、スターバックスなど様々なマーケティングに使われている手法です。

でも、みんな知らないので、気付かずにかかっていたりします。

映画であれば、予告を数ヶ月前から徐々に流し始めます。また、いろんな情報をリークしていき、意欲を高めていき、封切りと同時に興行収入をかっさらいます。

アップルもよく使います。まんまとハマっている人は多いのではないでしょうか。

iPhoneの発売日に長蛇の列となっているのは珍しくないですよね。しまいには暴動がおこったりするくらいです。

スターバックスでも新商品が出る時はローンチをかけます。

 

まとめ

IMG_8435

ミッション・インポッシブルのプロダクトローンチは非常に上手に行われています。
それはトムとの関係構築や教育をしっかりされているからなんですね。
こうしたマーケティングをしっていると、世の中に溢れている仕組みが見えてきます。

2017-08-29T18:09:17+00:00 8月 16th, 2015|Categories: ブログ|

About the Author:

日本活性化のため起業支援のコンサルティングやエンジェル投資を行なっています。アメリカ国務省の招待で全米のベンチャー、成功者、ホワイトハウス、など120箇所をヒアリング。趣味は写真撮影とロードバイク。