ブログ

インドで高額紙幣が無効へ。あぶり出し作戦。

投稿日:

昨年末にインドで1000ルピーと500ルピーの
無効が宣言がなされました。

それから4時間後には本当に無効になりました。

銀行に持っていくと新しいお札に変えてくれます。
何故こんなことになったかというと、
タンス預金をあぶり出すためです。

 

 

インドでは銀行を信用していないので
お金は他人に預けずにタンス預金をしています。

 

ボストン・コンサルティング・グループの調査によるとインドほどの大国で
クレジットカード普及率はわずか2%という脅威の少なさです。

 

現金でのタンス預金がほとんどなので、
脱税はもちろんテロ資金やブラックマーケットの炙り出しも
もちろん見越してのことです。

 

こうしたお金の流れをあぶり出すために、
銀行に持っていって新しいルピーに変えないと
無効にするよというわけです。

 

そして、不明瞭なお金がでてきたら
「お前、あやしいな!」となって当局が出てくるわけです。

 

こうした強硬な手段は法治国家の日本では起こり得ないだろうと
思われるかもしれませんが、
実はこの手法は戦後日本で預金封鎖と新円切替を
行っていることをお手本にしているでしょう。

 

いままで政府が把握できないタンス預金をすべて銀行にあつめて、
引き出せないように封鎖するというのがこの政策の主眼でした。

 

世界は1946年の日本のやり方を見習っているわけです。

 

自分や家族を守るためには
しっかりと自分の頭で時代を読み解き、
人生を考えなければいけません。

-ブログ

Copyright© スタートアップジャパン|ベンチャー・新規事業開発の支援 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.