起業して失敗しても挑戦できるラインを決めておこう!再起できる起業戦略

投稿日:2017年1月10日 更新日:

[fusion_builder_container hundred_percent="yes" overflow="visible"][fusion_builder_row][fusion_builder_column type="1_1" background_position="left top" background_color="" border_size="" border_color="" border_style="solid" spacing="yes" background_image="" background_repeat="no-repeat" padding="" margin_top="0px" margin_bottom="0px" class="" id="" animation_type="" animation_speed="0.3" animation_direction="left" hide_on_mobile="no" center_content="no" min_height="none"]

シリコンバレーのFB本社

シリコンバレーのFB本社

 

スタートアップ(起業)の聖地
シリコンバレーでは
失敗したということは
経験値を高めたということで
評価をしてもらえます。

 

[/fusion_builder_column][fusion_builder_column type="1_1" background_position="left top" background_color="" border_size="" border_color="" border_style="solid" spacing="yes" background_image="" background_repeat="no-repeat" padding="" margin_top="0px" margin_bottom="0px" class="" id="" animation_type="" animation_speed="0.3" animation_direction="left" hide_on_mobile="no" center_content="no" min_height="none"][amazonjs asin="4798043044" locale="JP" title="シリコンバレー流起業・マーケティング"]

しかし、日本では事業に失敗することは
非常に大きな傷を負います。

 

ですので日本で起業をするときには、
撤退ラインというのをしっかりと
考えておく必要があります。

 

縁起が悪こと話題にするんじゃねーよ!と
言われそうですが、リスクマネジメントの観点から
考えておくだけでもリスク軽減ができます。

 

起業して、仮に事業に失敗しても
深手を負わなければ再起はできます。

 

売上が減少して芳しくない状態であれば
事業売却を検討して他のビジネスで
再起を図ることができます。

 

しかし、債務超過に陥っていて首が回らない状態であれば
出資者、借入先、従業員などのステークホルダーに
大きな影響を与えるので再起のハードルがぐんっと上がります。。。

 

起業を志すようなアントレプレナーシップあふれる皆さんは、
今の日本にとってはとても重要な人材です。

 

シリコンバレーでは失敗も経験のうちと評価されますし、実際の所、
失敗から多くのものを学べます。

 

起業をしても再起をはかれるように、
撤退ラインをしっかりと決めておきましょう。

 

投資でもビジネスでも一番難しいのが「損切り」。

 

成功するまでビジネスで頑張っていきましょう!!

 

 

 

[/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスタートアップジャパンをフォローしよう!

-ビジネスモデル, 起業, シリコンバレー

Copyright© スタートアップジャパン オフィシャルサイト- Startup Japan Official Site- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.