福岡市のスタートアップカフェのレビュー

投稿日:2016年11月24日 更新日:

img_3862

 

こんにちは。
CEOの市位です。

 

今日は福岡市のスタートアップカフェに
お邪魔しました。

 

スタートアップカフェというのは福岡市の施設で
スタートアップの裾野を広げるために
誰でも入りやすい「敷居の低い」環境を提供し、
創業に関する支援を行う福岡市肝いりの支援拠点なのです。

 

img_3864

 

福岡市は高島市長となってから
「スタートアップを福岡市の成長戦略の中心」
と据えています。

 

この着眼点は素晴らしいですよね。

 

普通、日本って税金で大企業を延命することを考えたり、
大企業の誘致に心血を注いだりしますが
スタートアップに目を向けるところがさすがです。

 

私がホワイトハウスの関係機関でヒアリングを行ったときも、

「大企業を税金で延命しても、パイが増えることはない(キッパリ!)」

 

と言い切ってました。

 

img_3858

 

スタートアップを成長戦略の中心として市政をおこなったら、
どうなったかというと、

福岡市は日本で一番の開業率!

 

となりました。

 

すごいですよね。

 

東京、大阪、横浜、京都などの主要都市を抑えて

 

日本一です。

 

それだけではないんです。

 

起業をする外国人誘致にも力を入れていて、
国際戦略総合特区を使って
スタートアップビザを発行しています。

 

外国人が起業するときには、
普通は経営管理ビザっていうハードルのたかいビザが必要なのですが、
そのハードルを福岡市は少し下げています。

 

そして台湾やシアトルとも連携をとって人事交流をしてる。

こうした動きはワクワクしますよね。

 

 

毎日この小さなスペースにたくさんの起業家や起業家の卵が
やってきています。

 

コワーキングスペースなどの運営をされている人は
とても参考になる施設です。

 

インスパイアされると思いますよ。

img_3862

 

大阪にもイノベーションハブというもを
大阪市が運営していますが、
気軽さは断然、福岡市のスタートアップカフェですね。

 

ただ、そうは言っても福岡市では
まだまだファンドレイズの数や
エグジットの数などは東京にかなわないです。

 

それは、福岡というか、日本の地方都市は
どこも同じ状況。

 

やはり、東京とそれ以外という構図なんですよね。

 

とは言え、やっぱり福岡市はすごいです。

人口も増えているし、若者の数も多い!

起業志望も多い!マインドセットもできている!

 

これで大企業がM&Aとかする素地ができれば
いい具合にエコシステムができそうです。

 

繰り返しますが、スタートアップカフェは小さな施設ですが
起業に興味がある人は非常にインスパイアされる部分が多いです。

 

施設を作るにあたって
お金がないならないなりに、工夫をしたという形跡が
たくさんあります。

 

img_3860

 

 

福岡市の岡崎さんが丁寧に案内をしてくれました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でスタートアップジャパンをフォローしよう!

-起業

Copyright© スタートアップジャパン オフィシャルサイト- Startup Japan Official Site- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.