最高の休息法

起業で成功するためには休息をとろう!

投稿日:

img_5171

こんにちは。
CEOの市位です。

先日、コンサルティングセッションで

四六時中働いています。

休んでいる暇があれば、
パソコンに向かって仕事作業をしたほうが
将来のためになるとおもっています。

とにかく意識がある時間はがむしゃらに仕事をしています

という人と出会いました。

 

 

一昔前の僕であれば
すごいな!!
と思っていたと思います。

 

僕も一昔前は、
自分のプライベートの時間なんて
ありませんでした。

土日もなく働いていました。

 

それが将来のためにつながると
考えていたからです。

 

しかし、今はこのライフスタイルでは
ブレイクスルーすることはできないと
考えています。

 

休みなく働いていたら、

 

いつ、将来の展望を考えるのでしょうか?

いつ、まわりを見渡すことが出来るのでしょうか?

いつ、今の立ち位置を客観視できるのでしょうか?

 

とは言え、社長はがむしゃらに働かないと不安だったりします。

 

人間、努力や根性論だけでは成長しないです。

 

火が燃えるときを考えてください。

 

薪木の間には空間があります。

 

空気をいれ、火が呼吸する空間があります。

 

この空間を作らなければ火は消えますよね。

 

 

薪木の間の「空間」こそが休息です。

 

がむしゃらに働いていると空間がなくなり
新しい空気が入らない。

それじゃぁ、火が消えちゃいます。

 

大きな炎をもやすためには、
空間をつくって酸素を供給しなければ
ならないのです

 

この原理は我々個人でも会社でも同じなのです。

 

起業して成功するためには
しっかりと休息をとらなければいけないのです。

 

マーケティングの方法論と同じように
休息にも休息を取る方法があります。

 

ただ単に、ビーチに行ってゴロゴロしているだけでは
新鮮な酸素はおくれないのです。

 

休息の方法はまた後日お伝えします。

 

休むときには休みましょうね。

 

チャオ!

-最高の休息法

Copyright© スタートアップジャパン|ベンチャー・新規事業開発の支援 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.