淡路島100キロランと銭湯での疲労回復

/, トレーニング/淡路島100キロランと銭湯での疲労回復

淡路島100キロランと銭湯での疲労回復

 

img_5451

 

淡路島で100キロ走ったら
カラダは疲労困憊なのですが、
精神的にはとても満たされた気分になります。

なんというか、
しょうもないことを考える余裕がないので
非常に精神的に穏やかな感じになります。

 

ある意味この状態を味わうために
しんどい自転車をこぐんだよね。

 

img_5442

 

100キロランを終えて本州の明石に帰ります。

帰りもジェノバラインです。
だいたい行きと同じメンバーでフェリーにのります。

20分に1本出港しているのですが
同じということはほとんど同じペースやったんやね。

img_5457

そして向かった先は、銭湯。

 

img_5467

 

船着き場から自転車で10分程度の場所にあります。

この10分で銭湯があるというのがいいですね。

img_5465

 

思いっきりカラダを動かした後の銭湯は最高ですね。

大きな湯船がとても贅沢でした。
家の風呂とは疲れの取れ方が違います。

ときには地元でも銭湯に行こうと思いました。

そして湯上がりは、レモン水です。

なかなかこういったものを見る機会がないですよね。

 

img_5459

こうやって自転車にのって

銭湯にはいるのってめちゃくちゃ贅沢な時間の使い方だと思った次第です。

2017-08-29T18:07:05+00:00 10月 13th, 2016|Categories: 最高の休息法, トレーニング|

About the Author:

日本活性化のため起業支援のコンサルティングやエンジェル投資を行なっています。アメリカ国務省の招待で全米のベンチャー、成功者、ホワイトハウス、など120箇所をヒアリング。出来るかできないかではなく、まずは行動して自分の世界をかえよう!趣味は写真撮影とロードバイク。